民商会員の若手経営者(原則45歳まで)と会員の家族従業者(業者二世)が入部できます。
若手経営者や業者二世が集まっているのが民商の青年部。商売、経営を向上させたい業者青年はもちろん、恋愛や結婚、夢や希望をかなえるため、本音で語り合える仲間が、きっと見つかります。
民商青年部では、「夢や希望をもって起業したい」という青年の起業意欲に応え、新規開業塾や商売の知恵がわく経営交流会、製品展示会、スポーツをはじめ、パソコン記帳や経営計画書の作成、IT講習など多彩な企画にも挑戦しています。自らの商売・仕事の経験を生かし、青年部員が融資や税金、許認可などの基礎知識のアドバイスもしています。
また長年の経営からのノウハウを持った先輩業者のバックアップがあるのも民商ならではの強みです。

新着情報

資料のダウンロード